トップページ > スタッフの紹介

スタッフの紹介Staff

近藤且教(ガス屋のこんちゃん)

近藤且教(ガス屋のこんちゃん)
この店の長男(末っ子)

はじめまして。みなさま、こんにちは。
 わたしは、この店の息子の近藤かつのりです。
 簡単に自己紹介させてください。
 1970年生まれ。血液型はО型。牡羊座。
 家族は妻がいます。
 家業は20~23才までやっていましたが、思うところあり、一時はパン屋でパンを焼いてましたがアレルギーにより喘息がひどくなりパン屋は断念。
 26才で家業に戻り今に至ります。

 趣味は韓流時代劇鑑賞と古代史の研究。居酒屋めぐり(飲めません)。妻との旅行。

 地域の活動は地元の消防団とみどりのおじさんです。

 それ以外の活動として、小阪裕司先生のワクワク系マーケティング実践会の会員です。(場立てのこんちゃんと呼ばれています。)

 手話が少々できます。


近藤 隆也  (こんどうたかや)

近藤 隆也  (こんどうたかや)
代表取締役 社長

はじめまして。(有)近藤商会の社長の近藤隆也の紹介をします。

生まれは現横浜市都筑区池辺町です。

父を早くに亡くし、そのあと祖母と兄弟ちから合わせて今にいたります。

中学を出て東京の都立大の近くの清水製作所というプロパンガス供給・ガソリンスタンド・ガスの圧力調整器を作る会社に住み込みながら高校に通う。

その後修業生活中に知り合った母と結婚し、現都筑区東方町で有限会社近藤商会を開店する。

その後神奈川県エルピーガス保安センターの社長、地元町内会長、保護司を務める。


(聞き書き:近藤且教・ムスコ)


※当社の看板ねこ娘・チーちゃんも写ってます。


近藤 百子(ももこ)

近藤 百子(ももこ)
この店のお母さん

うちの母・百子さんの紹介をします。
 秋田県の出身です。中学を卒業後は東京で洋裁店に住み込みで働いておりました。
 その後にうちの父・隆也と知り合います。結婚当初は20才?(若いなぁ・・・)秋田では市内で育ちましたが、いざ横浜に嫁ぐことになったときは、都会だと信じていたそうですが・・・
 その当時の当社地域はまるっきりの農村地域でとなりは田んぼだったそうですし、まだ水道も無く、井戸水だったそうです。
 いまでも店の裏手には田んぼに水を引くための用水路がございますが、当時は夕暮れ時になると用水路で奥さんたちが「しじみ」を獲ってお味噌汁などつくったそうです。

 そして・・・父・隆也の実家に行って一番驚いたのは・・・「牛」が居たことだそうです。

 そんな母ですが、すっかり今ではご近所の当社のお客さまに慕われていて、いつも笑い声が絶えません。
 いまでも、商売柄なのか、「おたくのお母さん、声が若くて元気がいいのねぇ~」とお客さまからお声をかけていただいています。

 父・隆也が町内会の行事や会議などで留守がちであっても、わたし・かつのりが灯油の配達や集金や工事で留守をしていても、安心して働けるのは母・百子さんが元気でいてくれることと、いつも母を支えて、お店に居てくれる顔なじみのお客さまが居るからですね。


近藤 チーちゃん(ネコ)

近藤 チーちゃん(ネコ)
当社の看板ネコ娘

当社の看板ネコ娘のチーちゃんを紹介します。
よくお客さまから、「高そうなネコちゃんね〜!」と言われますが、今から3年前くらいの12月ころにフラッと当社に現れたのでした。当時住んでいた孫娘(わたしの姪っこ)が、「かわいそうだから、飼ってあげようよ〜」の一声で当社の一員になりました。
名前のチーちゃんの由来は、茶色がかった灰色だったから(だそうです)。
今では、お店にお客さまが来ると誰よりも早くあいさつ?に出ていきます。宅配便のお兄さんたちにもファンがいるようです。

両親の話では、朝布団まで呼びに来るのだそうです。

今では、すっかり当店の「顔」になっているチーちゃんなのでした。


ページトップへ戻る
Copyright(C) 横浜市都筑区の頼りになるガス屋 有限会社 近藤商会 All Rights Reserved.