トップページ > サービス/メニュー > 移動販売でLPガスを使う方へ > キッチンカーはCO中毒に気を付けてくださいね。

キッチンカーはCO中毒に気を付けてくださいね。


これから移動販売でプロパンガスを使う、キッチンカーを作って移動販売を計画している方は、お使いになる燃焼器が正常な炎で営業できるように「排気口」だけでなく「給気口(吸気口)」をつくることも念頭に置いてくださいね。

当社がこれまでに見てきた経験からおはなししますと、ガスオーブンの排気口と換気扇(排気フード)の位置がずれていたり、燃焼器の不完全燃焼を放置していたり、排気口はあるのに給気口(吸気口)が無かったりということがあったりしました。

「入口のドア開ければいいのでしょう?」という質問も受けますが、真冬の営業を考えれば、出入り口のドアに給気口(ガラリ)を設けることも良いかと思います。


(一酸化炭素中毒・CO中毒の症状)

 なんかくさい
   ↓
 涙が止まらない
   ↓
 吐き気が止まらない・咳が止まらない
   ↓
 頭が痛い
   ↓
 ねむい
   ↓
 意識障害
   ↓
 すごい危険
   ↓
  意識不明
   ↓
 救急搬送しないと死に至ります


 こうならないように十分お気を付けください。

 ※ちなみに、わたし(かつのり)は昔、工場で燃焼器が不完全燃焼している現場で、涙が止まらない→吐き気と咳が止まらない体験を実際に経験しております。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 神奈川県横浜市のおせっかいだけどほっとするガス屋さん 有限会社 近藤商会 All Rights Reserved.