トップページ > サービス/メニュー > ストレスケア&腸活を一緒にやりませんか > 低FODMAP(フォドマップ)食を実践しています

低FODMAP(フォドマップ)食を実践しています

わたし(むすこ)は現在、低FODMAP食を実践して50日ほど経ちました。

この低FODMAP食を実践する前は、朝食と昼食がパンでした。おやつには小麦粉ベースのスナック菓子、バームクーヘン、菓子パン、シュークリームなどを食べ、夕飯にラーメン、焼きそば、お好み焼きなど小麦粉ベースの食事が中心となっておりました。

2019年12月末に「腸活アドバイザー」の資格を取った後も、自分でつくった豆乳ヨーグルトや自動パン焼き器でたまーに焼くパンを食べたりしていましたが、期待していたほど自身の腸の調子はよくはなりませんでした。

おなか(とくに下腹部)が痛くなる時間は決まっていました。夕方4時~5時ころと夜10時~11時ころの2回です。

季節の変わり目に盲腸の古傷が痛むこともひんぱんにあったため、おなかの痛いのも季節の変わり目の”気象病・天気痛”と思っていました。

2020年6月なかばから低FODMAP食の実践をはじめたところ、現在(7月末)は下腹部の痛みはかなり減っています。”気象病・天気痛”と思っていた痛みや不快感は減りました。※天気が急激に変わるときは盲腸の古傷は痛みます。

「わたしも低FODMAP食を実践しています」

「FODMAPってじっさいどうなの」

というかたがもしいらっしゃいましたら、質問や相談は無料です。(※いまのところ自分の体調を保つため、趣味でもあるので。)

■料金
0 円

■料金(特記事項)
質問や相談は無料です。※自分の体調を保つため、趣味でやっていることなので。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 神奈川県横浜市のほっとするガス屋さん 有限会社 近藤商会 All Rights Reserved.